加古川市 H様邸 外装メンテナンス工事ご紹介いただきました。

築28年の鉄骨プレハブメーカーのお宅の外壁塗装と屋根のメンテナンスのご紹介をいただきました。

点検を実施して、メンテナンスのご提案をさせていただきました。

外壁や屋根の色を決めていただく打合せは、新築の打ち合わせと同じで、楽しいですよ。

敷いてあったコンクリートパネルを撤去し、清掃したところ、ルーフバルコニー(シート防水)の亀裂が見つかりました。

雨は針の先程の小さなピンホールからでも漏ってしまいます。

BEFORE

ルーフバルコニーの防水工事をして、タイル化粧材を敷きました。

AFTER

BEFORE

カラーベストの屋根の表面が劣化していました。カラーベストの下に敷いてある防水シートの耐用年数を考慮して、防水シートの重ね葺きをします。

AFTER

防水シートを敷いた上から、断熱材入りの超耐久ガルバニュウーム鋼板を重ね葺きしました。

断熱性能も高まり、夏の昼間の2階の暑さも軽減できますので、お勧めの工法です。

BEFORE

外壁にクラックや塗装の劣化がありました。

 

AFTER

外壁の補修をして、外壁、樋、雨戸、バルコニー手摺りの塗装をしました。

AFTER

新築のように、美しく仕上がりました。

建物はメインテナンスを定期的にしていけば、孫の代まで住み続けることもできます!

費用はかかりますが、トータルで見れば傷んでしまってから修繕するよりいいと思います。